読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの世界の片隅で

NEWS、テゴマス関係で観たこと読んだこと経験したことの感想。Twitterのまとめも。

水曜歌謡祭(2015.4.15)感想+α

 発表があってから待ちに待っていた番組。彼の歌声でこちらの世界に導かれた私にとっては本当に嬉しい出演でした。何が嬉しかったって、コラボ相手の素晴らしさ(Kさんについては関根麻里さんのお相手というぐらいしか知識がなかったけれど、本当に素敵な歌声でした)。さだまさしさんは昔から姉が好きで、私も小学生のころからかなりの曲を聴いてきたし、私自身も数年前に出たベストも買ったぐらい好きなアーティストだし、他の方々もみんな素敵なアーティストばかりで、そんな方々とコラボさせてもらえるなんて…と胸が熱くなりながら観てました。

 「マイ・ピュア・レディ」「春だったね」「明日、春が来たら」の選曲もよかったですよね。こういう歌を大切に丁寧に、そして自分の個性を出しながら歌えるまっすーが好きだし、何よりやっぱり歌っている彼が一番好きだわ、と改めて実感した夜でした。色んな方が色んな曲でコラボしていて、コラボの難しさも改めて感じました。一人一人は上手なのに声が合わさるとあれ?という感じに聞こえてしまったり、ただ一緒に歌っているだけに聞こえてしまったりする怖さ。コラボに何を求めるかは人それぞれだろうけれど、私はまっすーのコラボへの向き合い方がとても好きです。相手の魅力を殺さず主張し過ぎずそっと寄り添いながら、自分の見せ場になると途端に増田ワールドを広げてくる感じ。

 

 実は最初ちょっと緊張してるかな、と思う音程の外れにドキッとしたり、ああいう方々とコラボすると露呈する声量の少なさがやっぱり彼の課題だなと思ったりしたのも事実です。私のTwitterのTLでは絶賛の声ばかりが溢れていたけれど、多分そう感じていたファンも少なからずいたんじゃないかなと思います。だけど、ファンは自担に似るのか、似ているから好きになるのかわからないけど、言わない人が多い。勿論私の周りのファンは、という限定になってしまうけれど。言うことがどうとか言わない方がいいとかそういう問題じゃなくて、ただ言わないことを選び、よかった点だけを挙げる。

 彼のファンはよく揶揄されるようにディープな盲目信者系、極度なモンスターペアレント系の人が多いのも事実。それが高じて他メンバーを理不尽に批判する人までいます。だけど、そういう人たちのことを苦々しく思っているのに、それが彼のファンの代名詞のように言われてしまっていて悲しんでいる人たちが多いのも事実。ここがもうちょっと、あそこをああいう風に努力するべき、そういう声を上げないのは彼を甘やかしているわけでも俯瞰で見ていないからでもなくて、そういう応援の仕方をする人が多いのかなと感じています。彼が自分で何が問題かを感じ取ってそれを克服するべく努力できる人だと、そしてそういう部分は笑顔の下に隠して絶対に見せない人だと信じている。そうやって信じることが甘いんだと言われたらそれまでだけど、言葉や態度の端々からそういうことを感じ取り信じて応援するのって、だれのファンでも一緒じゃないのかな。他のアーティストやNEWSメンバーそれぞれのファンの言葉を読んでいても、相手が違えどそこは一緒で、だれの言葉や態度が一番信じられるか、一番自分の心に響くかが違うだけ。私はNEWSのだれの言葉や態度も信じられるから4人のファンになりました。もちろん彼らに対してそれは違うよ、おかしいんじゃない?と異論を唱えることもある。でもそれも含めて信じられる相手だと思ったからファンになってこんなブログを書いています。

 まっすーのペースや黙して語らずの姿勢が時にそうでない人たちをイライラさせているとわかっていても、あえて彼には賞賛の声しか送らないというファンもいるんです。褒められるのが好き、褒められて伸びると彼がよく口にするから、甘えるな、それでは成長しないと叩かれてしまうことも多いけれど、そして私自身も以前は少しそう思っていたけれど、今は彼が自分の課題はわかっていて、あるいはわかろうとしていて、そこには苦しくてもきちんと向き合っているから、花が水やお日様の光をほしがるように他の人からは褒めてもらってパワーをほしいのかなと思うようになりました。

 そう思うようになった理由はたくさんあるけれど、一番最近だとテゴマスのらじお(2015.2.25放送)で、先生を目指しているけれど模擬授業が上手くいかないというリスナーさんに彼がした「自分がやってるのを録画して客観的に見てみる」っていうアドバイス。このアドバイスを聞く前からきっとそうじゃないかなとは思っていたけど、これを聞いた時、ああこの人はやっぱり毎週いっぷくを録画して自分のコメントや態度を反省したり次はこんな風に言おうって考えたりしてるんだろうな、それがなかなか上手くいかなくて悔しい思いもしてるんだろうな、そういうことを実際にしてるからこういうアドバイスがすぐに出てくるし、エブリィで頑張ってる慶ちゃんへの賛辞を最近きちんと口にするようになったんだろうなと思ったんです。考えてみたら至極当たり前のことだけど、あんなに負けず嫌いで勉強熱心な、そしてプロとして人前に立ち生きている人が何も努力していないわけがない。課題はわかっている、努力もしている、だけどそれは見せたくない人。その変化や克服のペースの遅さが彼の年齢やテレビに出続けることを考えると問題なのかもしれません。でも、そういう彼に勇気や元気をもらう人もいるし、そういう彼だからこそたどり着ける場所もあるはず。そしてこれは私個人のことだけど、私が期待するように相手が変化していないからといって、相手の努力が足りない、姿勢に問題があると決めつける人間にはなりたくない。

 

 話がずいぶんそれてしまったけれど、水曜歌謡祭は色んなことを感じたり考えたりしながら、でもやっぱり一番はただ嬉しさと誇らしさを感じながら観ていました。コラボでテゴちゃんの声がないのは寂しいし、やっぱり二人の声が合わさる奇跡も感じたけれど、まっすーの歌声が今まで彼を知らなかった人を振り向かせたのは純粋に嬉しい。古い曲も女性の曲も自分らしく歌えるだけじゃなくて、可愛いアイドルの曲だと正にこれぞアイドル!という笑顔と可愛い振りつきで歌えるまっすーが大好きです。どんな出演者の懐にも笑顔で飛び込める彼だから、そこから得られる刺激や学びはきっと彼にとってかけがえのないものになるはず。できればレギュラー枠(があると耳にしたけれど、どうなんでしょう?)を手にしてほしいけど、とりあえずは来週も出演できるとのことで楽しみだし、きっとこれからテゴマスやNEWSで呼ばれることもあると思ってます。ただ、これからもこんな風に名曲のコラボ中心で行くのなら、NEWSとしてのよさが出せるのかはちょっと不安。セクゾくんたちのような企画コーナーならいいのかも。とにかく毎週水曜日が楽しみになりました♪(と言いつつ、関西ではいきなり来週の放送は野球中継のために土曜日にずれちゃうけど…)