あの世界の片隅で

NEWS、テゴマス関係で観たこと読んだこと経験したことの感想。Twitterのまとめも。

家族NEWSにおける二卵性双子テゴシゲ

 予定では次に上げる記事は今月初めに行ったQUARTETTOツアー大阪公演の感想のはずが。昨日(2016年4月26日)KちゃんNEWSでのシゲ発言に何とも掻き立てられたので急いで書いてます(笑)

 聴いていなかった方のために要約すると、先週出演したテゴちゃんから今週出演したシゲへのメッセージがあったわけです。今回のツアー静岡公演後に慶ちゃん以外の3人が行った和食屋さんでお刺身が出たので、みんなのためにテゴちゃんが小皿にお醤油を入れて回してあげた時、まっすーは普通にありがとうって言ってくれたのにシゲは言ってくれなかったと。で、それを聞いたシゲの返答がこんな感じ。

 「はははは!(笑)ちっちぇー!(笑)」

 「前から言うもんね、手越、俺に。あいさつ、俺がないって」

 「いや、それはほんとに善処するし。まあ、以後気をつけますよ」

 「まあ、思ったら言うよ、ありがとうって。(でも)醤油をさ、見返り求める? 醤油で!?」

 「手越、ありがとうって言うかな。(ものまねしながら)『あ~ありがと♡』でしょ、気持ち全然こもってない(笑)」

 シゲとしては、あれ、言ってなかった?ぐらいの記憶にも残ってない出来事だったみたいだけど、「ちっちぇー!」とか「見返り」とかいう語感の強さで私のTLもちょっとざわついた感じにはなってたかなと。

 でも私はこのテゴシゲの二卵性双子感あふれる関係性にかわいいな~と思いました(笑)だってふたりとも見えないけどもうアラサーなのにこの感じ。シゲ、だんだんムキになっていってる感じがするし。しませんか?彼らは確かに仲のいいメンバーだけど戸籍上は他人なわけですよ。そして本当の誕生日からしたらテゴちゃんが一番末っ子だけど、双子(ここポイント)の弟(ここもポイント)が愛しくて心配でたまらないお兄ちゃんにしか思えない(笑)なんかね~テゴちゃんって時々シゲのお兄ちゃんに見えるんですよね~。まっすーもそうだけど、まっすーの場合年齢的にも本当にお兄ちゃんでしょ。もちろんシゲの方がテゴちゃんよりお兄ちゃんに見える時もたくさんあるし、私自身このふたりが同い年って知った時は結構びっくりしました。だけど知れば知る程このふたりって二卵性双子感あるなと。何から何まで正反対に見えるし実際そういうところも多いけど、奥の奥で重なってて信頼と理解が深いし、お互いに好きっていうことを相手のいないところで出してくる。

 テゴちゃんって本当に本当に優しくて、自分の身内には輪をかけて優しい人でしょ。別にお醤油入れてあげてありがとうって言ってもらえなかったからってテゴちゃん自身がむっとしてるわけじゃなくて、自分はシゲのいいところをたくさん知ってるし大好きだけど、だから多分大丈夫だとは思ってるけど、もし万が一こういうことをシゲがぽろっと外でしちゃって誤解されちゃったらいけない!だから俺が言わなきゃ!だって俺は双子だけどお兄ちゃんだから!って熱くなってる感じ(笑)弟に鬱陶しいって思われてもお兄ちゃん、気にしない!だって弟が大切だから!(笑)あいさつのこともそう。お兄ちゃん、どんなにうざがられてもそういうことには厳しいから。

 でも当たり前だけどシゲだってちゃんとそういうことはわかってるし、外ではきちんとできてるんですよ。そういうところ、シゲちゃんはできる子だから。お兄ちゃんが心配しなくても大丈夫なんですよ。可愛いからお兄ちゃん心配しちゃうけど。シゲにとってメンバーってもう家族みたいな存在で、意識が薄れちゃってるのかな。まるで子どもが家族に何かしてもらって、ありがとうって思ってるし言ったほうがいいのもわかってるけど時々忘れちゃう、みたいな。だから言ってなかったって指摘されても、あれ?言ってなかった?ぐらいの感じで。それで他人に言われたら素直に受け入れられる言葉も、家族、よりによって双子のお兄ちゃんから指摘されたらちょっとおもしろくないというか、「わかってるって!そんなこと!」ってちょっと鬱陶しいというか(笑)だけどちゃんと非を認めて「善処する」って言ってるのに、大好きなお母さん(もちろん慶ちゃん)まで「確かにあなたはそういうところある」って続けてくるから「そんな醤油ぐらいで見返り」とか「あいつのありがとうは気持ちがこもってない」とかムキになって言い返しちゃう(笑)シゲだってもしこれを他の人たちから言われたら絶対にこんなこと言い返したりしないでしょ。はーーテゴシゲってなんて可愛いんでしょう(笑)

 多分ね、世間のイメージからしたらこういう指摘をするのがシゲで言い返すのがテゴちゃんですよ。それが実は逆っていうのがテゴシゲの面白いポイントの一つだと思います。もちろんテゴちゃんが弟ポジションになって、お兄ちゃんシゲが俺はわかってるよってテゴちゃんの知らないところでフォローしてたりすることもあるんですよ。そういうところもいい♡テゴちゃんが合格してたらふたりは同じ学校の同級生だったというのも私の好きなテゴシゲポイントのひとつだけど、もしメンバーじゃなかったら学校ではきっと違うグループに属しててまったく接点がなかったんじゃないかな、でもきっとお互いに何となく意識しちゃってるんじゃないかなっていうふたりの関係性が、色んなことを経て(すごく短くまとめちゃったけど)二卵性双子にまで育ったっていうところが何とも萌え苦しいじゃないですか。まあ私の思い込みですけど!

 慶ちゃんがシゲに頼まれてバナナジュースを作ってあげた時にもありがとうがなかったよって言うと「手越のは言ってなかった?ぐらいの感じで覚えてないけど、小山さんには『ありがとう』って言わないで突っ込ませるプレイ、ゲームだったのに!(笑)わざとツンとしてたのに!(笑)」って返すシゲ!何それ!私も以前「せっかく楽しいこと思いついて、お母さんも楽しんでくれるってわくわくしてたのに何でわかってくれないのー!」ってうちの子どもたちにプンスカされた覚えあるけど、それと一緒…(笑)「ごめんごめん、気づかなかったわ~」って返した覚えある…(笑)でも慶ちゃんみたいに「そうだとしたら俺楽しいわ」とか「ありがとう」なんて言わなかったかも…慶ちゃんってほんっとに素敵なお母さん…!!!(違う)

 でも冗談抜きで、慶ちゃんのお母さん力は素晴らしいですよね。だってムキになって「手越のありがとうだって」ってちょっと意地悪な(笑)ものまねしながら心にもないことを言い返すシゲに対して「照れ隠しも入ってるからね、あれは」ってフォローしてあげる慶ちゃん!一緒になって言ったらほんとにシゲが悪口言い出したみたいになっちゃうもんね。結果的に自分がごめんねって全部受け止めて笑いにして終わらせる慶ちゃん!ありがとう慶ちゃん!(笑)いつも長男まっすーと双子にいじられてるけど、全部全部慶ちゃんがいじられてくれて、受け止めていいところに着地させてくれて、何よりそういうことをしてくる3人が慶ちゃんは大好きってわかってるから、みんな安心してるんだよね。そういう慶ちゃんが私は大好きです♡

 ついでに言うとまっすーは全力でお母さんに甘える弟たちを横目で見ながらちょっと遠慮したり素直になれなかったりしてたけどチラチラ視線は送ってて(お母さんは気づいてない)、最近自分もわかりやすく甘えてみたらお母さんがものすごく喜んでくれるから前よりも素直にお母さんに甘えられるようになった長男、という感じですかね。思春期を越えてお母さんに素直に接することができるようになった長男、そんな長男の態度の変化が嬉しくてキャッキャしちゃったらまた長男のツンデレパンチをくらう母親、という感じ?何だかんだ言ってみんなお母さんに甘えたくて仕方ないって感じ?違う?

 こういう家族ドラマ、NEWSでやってくれないかなー!あ、でもそうなると慶ちゃんはさすがにお母さんじゃなくてお父さん役になるのか。長男と双子は血が繋がってるけど慶ちゃんは母親のかなり年下の再婚相手にしたら年齢の問題は解決できるかな。母親は結婚してすぐにいなくなっちゃって、でも慶ちゃんは血の繋がってない3人の父親として生きていくことを選択したとか。ベタベタなのはわかってるけど!(笑)